CALENDAR  ENTRY  COMMENTS  CATEGORY  ARCHIVE  LINK  PROFILE 

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -



すっかり季節がとんでしまいました。
お元気ですか?
夏と秋はとても充実した日々が流れました。
生活、仕事にも大きな変化がありました。
年を越して冬があけたらいよいよ引っ越しです。
新たな変化が起こります。

竹の節ができるように1つ1つを大事にしていきます。
 
2014年もたくさんお世話になりました。
また2015年もよろしくお願いします。
みなさんにとって幸せな1年となりますように。
- comments(2) trackbacks(0)

夏だね
今の心を表すとしたら



まさにこんな感じ

おもしろすぎる時間が流れて
言葉で書ききれなくなってきました


あらゆる
アイデア
ご縁
素晴らしい感情
次から次へと生まれています
そしてまたまた上昇気流が起こりそう
新しい世界がはじまります
旅はどんどん広がり
海を渡ります


またいつものように
私らしく
とことんやってきます


ということで
しばしこちらのブログはお休みしますね

 
あなたに素敵な時間が流れますように
- comments(5) trackbacks(0)


 
あっという間に
夏至
時間の経過が早すぎます
そして旅はどんどん続く


滋賀県 立木音楽堂


 
滋賀県 Ogamacafe


 
大根島 DAIKON
 

 
大根島 Celeste
 

 
先日遊びにいった「逸青会」
狂言と舞踊が融合した舞台
100年以上も歴史のある大江能楽堂がいい雰囲気を醸し出します


旅や日常をふりかえって
ふと視点をかえるとかわる景色が多くあります


最近ほぼ同時期に知人二人に腫瘍が見つかったと知らされました
ひとりは脳に
ひとりは胃に
私は骨に
 
そういえば私にもあったんだっけ
忘れてた
すべてが自分です
まるごと受け入れられます
 

ミカタはどんどんかわるけれど
私はいつまでもあなたのミカタです

 
- comments(4) trackbacks(0)

6月ですね
5月は旅と出会いにあふれた日々でした

徒然なるままに



「破天荒」な時間

先日大阪のビバリーヒルズ(と勝手に思っています)でホームパーティーに誘われました
高級住宅街に何軒も家や別荘をもつ方々
「セレブ」という言葉を身をもって実感しました

トイレにもSECOM
高級フィレステーキ肉が焼き肉用肉
キャビアがまるで調味料のように食卓に並び
バカラのシャンデリアが部屋中を光でうめつくします
まさに度肝を抜くような生活
全ての桁が違います

最初はあまりの別世界に戸惑いましたが
表面的なものをどんどん消し去っていくと次第に
人間としての魅力だけが見えるようになってきます
戸惑いから共感へと変わるまでそう長くはかかりませんでした
 
最後は親戚の家に遊びにきているような感覚
子どもたちと一緒に虫取りしたり、サザエさんを見たり
子どもたちが素朴だったことが逆に新鮮に思えました

破天荒な方々からいただいたたくさんのエネルギー
楽しい夜でした

【破天荒】=今まで人がなし得なかったことを初めて行うこと・前人未到の境地を切り開くこと




「空(から)」の時間

仕事はほんの一瞬
会いたい人たちに会ってきました



東の都へ

建築家の竹山聖先生といろんなお話をしていると意外と共通点がいっぱい
(写真は先生の作品・「無量寿山光明寺 新宿瑠璃光院白蓮華堂」お寺です)





描いたりデザインをするとき余白があることで色や線が生き生きするのを感じます
見えているものはすぐにひっくりかえる
先生はこの余白を「空」と表現されます

私が好きな先生の言葉

『建築って空間に価値があるんですよ。
パルテノン神殿だって本当はどう使っているか分からないけれど素晴らしいと感じる。
どこにも属さない、目的のない「空」な場所。
でも「空」と「無」は違っていて、「空」はすべてのものを取り入れ関係させることができる。
空のコップには水でもジュースでも入れられる。
昔作った120mの回廊も、機能的には何の用途もありませんが、
そこを歩いたり佇んだりすると陽の光や風の音を感じて、ふっと我に返ることができるんだよね。』

先生と永遠に語り合えそうな気がしました



楽しいリノベーション



高架下が素敵な空間へ



デザイナー仲間や臨床美術士さんたちにたくさん会ってきました
年齢や住む場所は違えど志が同じ仲間
会えば一瞬で「説明」とか「解釈」とかいらなくなる
そんな人たちが私と同じ時間を生きていることが
ただただうれしい




個人的に行きたかった大宮盆栽美術館
小さな盆栽にこめられた大きな宇宙
ずっと眺めていられます




埼玉県にあるカッパドキア
吉見百穴



小江戸 川越散策
絵描きさんの絆創膏が多くを物語っています

東の都で書ききれないほどの出会いと発見
まさに「空」のコップが満たされていくような時間でした



「安らぎ」の時間

西の都
川床へ行ってきました
今年は祇園祭りが2部制になるそう
この夏も忙しくなりそうね



路地裏散策が楽しい



絶品ラインベックのパンケーキ



おまけ

大阪の和田アキ子のお店へ
実物大の足跡とドアノブの手が素敵
味も美味

関西は山陰と同じくらい私の心が休まる場所となりました
どこを切り取っても大切な時間
ここで得た人間関係と経験が宝物です
「ただいま」
「おかえり」
やすらぎの時間




「スリランカ」の時間

広島のお友達に会いました
年齢も私の母に近い方だけれども友達のように話せる
今を生きる方

そんな彼女から聞いたスリランカのお話

『物を落としてしまい、それを誰かが拾ってくれたときに
日本人の私たちは「すみません」もしくは「ありがとう」と言います。

けれどもスリランカでは拾う側の人が「ありがとう」と言うのだそう。

なぜだと思う?

「拾わせてくれて、あなたに関われてありがとうね」
そんな意味があるの。』

ちょっと衝撃的な言葉でした
文化の違いもあるけれど
人として何か大事なものを気付かせてくれます


今を知る
今を生きる
あぁ楽しい



ではでは

お次の旅へと行きますか


 
- comments(4) trackbacks(0)


しばらく旅が続いています




少しだけ書き綴ります
最近の旅



滋賀県の琵琶湖東へ
金剛輪寺

空気が
緑が
花が
爽やかでした



住職一代につき一度かぎり開帳が許される
「生身の本尊(観音さま)」を拝観

行基が一刀三礼で観音さまを彫り進めていたところ、木肌から一筋の血が流れ落ちたため、その時点で魂が宿ったとして、粗彫りのまま本尊としてお祀りされました。
その姿は、まさに霊木や神木から仏が姿を現す瞬間を表現した
「霊木化現仏」

空気がひんやりおだやかな時間が流れていました
琵琶湖東もいろいろあっておもしろいね

学生時代苦手だった歴史が今になってわくわくさせてくれます
年号覚えるのはやっぱり苦手だけど
歴史はつながってる



それからしばらく山陰へ

山陰からの帰路は岡山を迂回して



満奇洞
とっても幻想的でした



外は初夏の日差し
ここへ入るとひんやり少し肌寒いくらい



時間をじっくりかけて自然が作り上げたもの
どこまでも続きます
圧巻

ふと見上げると
天井が地形図のようにも見えてきて
次第に天か地か分からなくなるような感覚へ
なんだか楽しいな
昔の人はこの大地の芸術空間で何を感じたのかしら

想像が、いや、妄想が広がります
 


さらに勝山へ足を伸ばして



京都にも似た古い街並
落ち着くなぁ



痕跡
見つけたときの幸せ



ちょっとひとやすみ
タルマーリー



それぞれの家やお店の軒先にかかったのれんひとつひとつがかわいい
街全体がのれんの美術館みたいだね




とっても気持ちのいいドライブ日和
そして誰かと感動を共有できる幸せ




京都の旅
鴨川をどりへ



いつもは鴨川から眺める歌舞練場
中はこうなってるんだね



とっても良かったね
舞妓さんや芸子さんの表情、仕草ひとつひとつが艶やかで
指のその爪の先にまで感情が込められているようでした

日本人の感性はいいね
ますます日本が大好きになりました



一期一会に感謝
ありがとう



最後はGactがお好きなラーメン
ラーメン好きな先輩もハマっちゃったね


旅をしながら
一期一会を楽しみながら
ふとある作家さんの言葉を思い出します


進路を決めるのは風ではない 帆の向きである。
人の行く手も海を吹く風に似ている。
人生の航海でその行く末を決めるのは なぎでもなければ 嵐でもない 心の持ち方である。
(エラ・ウィーラー・ウィルコックス)


うん
 
誰にも立派な帆があることが
うれしいね


 
- comments(4) trackbacks(0)

パリからのお土産



ニヒルな笑みだね
かわいいやつめ

パリで展覧会
キラキラした笑顔とともにもらいました

まだ見ぬ世界を教えてもらって
楽しいな
うれしいな

わたしの海外進出もうじきかしら
楽しいことを想い描いていると寄り道しながらも必ず成る
人生って本当に面白い




大人女子7人

この秋京都で本格的なグループ展やります
みんなで作品展へ向けて計画中
今日の女子会は鴨川沿いのcafe
kawa cafe

昼間からビールを片手に
幸せなひととき


それから
秋以降わたしはたぶん変化します
(予定)
今はまだ水面下でごそごそ
あーだこーだ考えられる
今がとっても楽しいね




最近はよく京都を散歩してます

京都来て4年目
ブログを書き綴って4年目



4年目にして初めて入った京都タワー




自分の足下の景色
目の前の景色
心模様
一年一年変化しています

より自然体になって
ありのまま
わたし色が静かに強く広がっています




人は人
カモメはカモメ

今も昔も変わらないわたしの好きな言葉
 
- comments(5) trackbacks(0)

最近うれしかったこと
ポストにこんなメモが入っていました




「あ、そういえば。
今年度の組長さんは(私が住む自治会の)どなたですかね?」

(出張が多く不在なことが多いからこちらからあいさつに行かなきゃなー)

そんなことを思いながら
久しぶりに出会った近所のおじさんとの会話の中でふと聞いてみました。

「さぁ。誰やろなー。」

それは
自分で聞いたことすら忘れるほど
さりげない一瞬のやりとりでした

そしてその半月後 我が家のポストに入っていた
たった1枚のメモ用紙
わたしが質問したことを覚えていて
そしてそっとやさしく答えてくれています
 
それはどんな手紙や
きれいに飾られた贈り物を受け取った時よりも衝撃的でした




普段めったに会う事がない人にまで
関わった一瞬にも心を配れるその心
そして行動できるやさしさ

私がずっとずっとしたかったのは
きっとそんなこと

仕事でも
遊びでも
誰かと向き合うとき



すごいな
さりげない心づかいの威力




ひさびさにやられました


あぁ
新緑がとてもまぶしいです



 
- comments(3) trackbacks(0)

たまに
もやもやするときありませんか?
 
忙しいときに限って頼まれごとがあったり
予定が大幅にずれてしまって
思い通りにいかなくって
 

 
そんなときこそ生活の中から自分を切り抜いてみる
そうすると
改めて違う見方に気づきます
 
ひさびさに心地良い絵が描けました



私にとって写真みたいに心を切り取ってくれるのは

アート
そして



 
岡山県の醍醐桜
ずっと会いたかった桜のひとつ
ようやく出会えました

古木に刻まれた時間を感じ取る瞬間
桜の花に想いをはせる瞬間
人間も同じ命あるもの
命の大きさを実感

今年の春にしか会えなかった一期一会の瞬間に感謝します
ありがとう


 
毎年4.14はオレンジデー
そしてハルの命日

そっとお墓に手を合わせて
 
そちらも春爛漫でしょうか
あなたが旅に出てから
年を重ねるごとにいつも近くにいるような感覚があります


一人じゃないね
誰かと心を分け合える

新しい景色に
ありがとう
思い通りにいかないから出会える景色

心が色で満ちています
色とりどりの春の花畑のように


 
- comments(2) trackbacks(0)

4月です
 


ブログもだいぶねかせてしまいましたね
再開です

1〜3月は仕事の面でも自分のライフワークでも大忙し
書ききれません
また会ってゆっくり話そ
この間にいろんなことに挑戦しました
そしてそれらは何にも代え難い経験=私の糧となりました

2013年から上昇気流に一気に乗って
今は安定感が増した飛行機のよう
ゆっくり景色の変化を楽しみながら飛行中

みんなに心の底からありがとうと言いたいです



忙しさを終えて
今はほんのりさくら色



今年も円山公園の桜が妖艶に舞っています



タイムスリップできる長楽館
心地いいよね



これはつい最近のこと
飛行機好きなお友達と



のんびり
春の陽気に包まれて
豊中にある千里川土手へ

ここは翼と人が一番近い場所
頭上を通過しながら
轟音と風とともに大型ジェットが着陸してきます









圧巻!
カメラでは収まりきれない迫力



いつもは機内の景色や空高く飛ぶ姿にしか見慣れていないもの
こんなに身近に感じられるなんて
遊園地のどんなアトラクションよりも興奮します

帰り道ふと下を見ると
歩道に映った影がかわいいね



案外感動って身近なところにあるんだよね
そんなことが楽しくてしょうがないです


今年度は仕事のスタイルもゆるやかにかえて
秋に作品展もやります

何やらいろんな変化も起きるんでしょう
新たな旅がはじまりますね
さてさて
ぶらり旅を楽しもう

 
- comments(2) trackbacks(0)


あっという間に3月





1月の誕生日からしばらく
慌ただしさが加速しています

書ききれないほど濃厚な時間が流れています
それはそれは素晴らしい時間です

デザインに加えて
講座の開催
そして
いよいよ京都にて大きな作品展開催
どれも大詰めです


まだまだ休めそうにはないけれど
この先にある大きな大きな喜び
たくさんの人の笑顔
そして自分の笑顔
もうそれしかないよね


また書きたくなったら書き綴りますね


しばしのおやすみ


みなさん年度末の忙しさに負けませんように





 
- comments(4) trackbacks(0)
| 1/12 | >>